在宅ワークは前職のキャリアを引き継いで稼ぐ

キャリアデザインという言葉がもはや当たり前のように使われていますが、将来的な自分の仕事や生活を意識した上で今の仕事を選んでいくという姿勢は非常に重要なものになっています。そのため子育て中などに行う在宅ワークにおいても、これまでのキャリアを無駄にせずに行えるということが大きな意味を持ちますが、ここでは家でも出来る在宅ワークについて見ていきましょう。

まず子育て中の方でも家で出来る在宅ワークとして事務のアウトソーシングが挙げられます。最近では各企業が決算期などに大量に発生した事務処理のタスクをアウトソーシングで外部に委託する例も増えてきました。そのためこれまで事務仕事を行ってきた方は、こうしたアウトソーシングの仕事を在宅ワークとして行えば、これまで培ってきた事務処理のスキルを無駄にすることなく働くことが可能です。また育児中の副収入という面だけでなく、将来的に復職する際にもこうした仕事を行っていたというキャリを活かすことが出来るので、ブランクをデメリットとせずに復職することが可能になります。

またこうした仕事は事務だけでなく、あらゆる仕事で可能になっています。例えばデザインの仕事をされていた方の場合には、パソコンにデザインソフトが入っていれば、働いていた当時と同じ環境で仕事を行うことが出来ます。もちろんクライアントとの打ち合わせなど物理的な制約も生じますが、逆を言えばネットを経由して物理的な空間を飛び越え北は北海道から南は沖縄まであらゆる仕事を受注することが可能です。このように在宅ワークの形も大きく変化していますが、効率的に稼ぐためにはこれまでのスキルやキャリアを無駄にしないという考えが重要になります。

もちろんその後のキャリアデザインを行う上でも、こうしたブランクをデメリットとしないように、日々スキルをキープし続けるという考え方も大事になります。復職を行うまで経済的な制約も多いですが、副業は様々なデメリットを解消する手段になりえますので、ぜひ検討して下さい。

SNSでもご購読できます。